5.高齢者用住宅または介護施設への活用

今や土地を持っているだけでは、価値があるとはいえない場合もあります。土地を活用して、本来の価値を見出してください。しかしながら、ただやみくもに土地を活用しても、時間と労力がかかるだけでなく、リスクも高まります。そこで、今の時代におすすめしたいのが、「高齢者住宅」です。


日本の超高齢社会を背景に、高齢者が安心して生活できる住環境は、今後、ますます必要性が高まるものと思われます。長期的に安定した収益が期待できる、「安心と安定」の事業。高齢者用住宅は、現代の賢い土地活用術のひとつではないでしょうか?

駐車場経営と比較して地域に貢献する事業で、税制のメリットも大きい。

駐車場経営は、初期投資が比較的少なく、他事業への転用も容易なため、一般的にはじめての人に向いているといえます。しかし、駐車場経営は、税務対策としての効果はあまり期待できません。反面、高齢者用住宅は、所得税や相続税にもメリットがあり、なおかつ、地域社会にとっても意義のある事業なのです。