ビルトインガレージのある居住空間

それなりの費用がかかる「ビルトインガレージ」だからこそ、しっかりとメリットとデメリットを理解したうえで設置を検討したいところです。家を建築される時に「駐車場」をどうするかと悩まれる方は多いと思います。盗難からも車を守ることができるので、高級車を所有されている方も、検討する価値はあると思います。大切な愛車を自宅でも眺めていたいという車好きな方にも人気です。そこで、多額の費用をかけても「ビルトインガレージ」にしたい!というポイントを並べてみましょう。

 

1.敷地を有効活用できる

ビルトインガレージは、車を保管し実用的に活用できます。ビルトインガレージの上に居室を設けることができますから、平置きの場合に比べ、敷地を有効活用することが可能となります。

 

2.いたずらを防ぎ、風雨からも守れる

外置きの場合、塀で囲まないと、他人が近づくことができます。いたずらはもちろん、盗難や放火などのからもビルトインガレージなら防ぐことが可能です。また、建物内ですから洗車頻度も少なくなります。強い陽射しによる“焼け”からも守られ、愛車を美しく乗り続けることができるでしょう。

 

3.荷物の積降に便利・雨に濡れずに乗降

ガレージから直接、屋内に出入りできるようにしておくと、雨に濡れず乗降できますし、買い物帰りやお出かけの時の荷物の出し入れにも便利です。

 

4.趣味部屋として使うことが出来る

書斎やホビールームも兼ねて隠れ家的空間となります。クルマを眺めながらという工夫も施し、バーカウンターを設ける人もおられます。当然、コストはかさみます。車の駐車スペースの寸法次第でその利便性は大きく変わります。

 

5.天井の高さやサイドルーム配置の工夫

料理スタジオや〇〇教室など、経験を生かしたサロンをつくることもあり得ます。もちろんその時は駐車スペースとしての機能は失われますが、将来の夢実現のためのプランニングも大切です。設備の引き込み、換気扇や窓の設置なども設計の時点で考慮し、対応しておきましょう。

 

6.ガレージからの動線

家の中でも趣味を愉しめる空間が欲しいと計画される方には、それなりのスペースが必要ですし、コストもかかるので、ご家族の賛同が必要となります。また、キッチンやユーティリティなどの、家事動線を考えて配置することで、家事の効率が変わってきます。

 

7.自動照明の設置(電気系)

人感センサー付きの照明など、別途、適材適所に照明を設けておくことをおススメします。特に作業をする方は、コンセント配置・照明計画は重要です。また、ガレージで作業をする方の場合、エアコンを付けておくのも一つのアイデアです。

 

8.鏡やガラスパーテーションの設置

意外な組み合わせとしてインナーテラスをプラスすることや、床材も自然素材を使用するとか、コンクリートやアイアンなど、さまざまな素材を程よく取り入れスタイリッシュな空間にも興味がわきます。あるいは、鏡やガラスパーテーションの設置で