プレゼン用3Dイメージ

何かを購入して、実際に設置してみたら「こんなはずでは?」戸惑うことのないように、3Dパーツとして実寸モデルを作ってみて、置いてみる。スペースの余裕、色合い、雰囲気などが事前に把握できます。特に「高額」なものは購入する前に、空間スペースとのバランスを検討したいときなど、お役に立つと思います。スキルアップでは、不動産に関する開発・区画の提案からリフォームの際の空間デザイン、家具の3D製作、その他、形状を検討したいニーズに合せて1mm単位での3Dモデルの作成の依頼を受けてます。