タイルの色や内外装材のイメージが瞬時に変更できる

 

建物の計画段階において、内外装の材質に何を使用するかというセンスを試される場面がります。例えば、外装材をタイルにするのか、コンクリートの打ちっぱなし、あるいはサイディング材のイメージを用いるのか、迷うようなときに3Dイメージが大変役に立ちます。面さえあれば、直観的な感覚で「実際の見え方」を試してみればよいのです。これらの素材を「マテリアル」といいます。実際、建物の外装材として予定している材料があれば、実寸通りの「面のイメージ」を検証することができます。

 

上の画像は、同じ位置から同じ影の影響を設定した場合の「面素材(マテリアル)」を数種類変化させたイメージです。

タイル ⇒ サイディング ⇒ RC ※色目の変更も可能

 

実際に貼るタイルの寸法(mm単位)の設定もできますので、完成した時のイメージとほぼ同じイメージを計画段階で検証できる優れものです。

これらの画像は、素材の種類によってイメージが違って見える説明のために静止画をプレビューしてますが、実際のプレゼンテーションは、さまざまな角度から検証することが可能な3Dイメージにて見ることができますので、近寄ってみたとき、遠目に見たときの違いや隣接する建物とのバランスなどプランの打合せ段階で確認できることが特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〒145-0071

東京都大田区田園調布2-51-4

StarHome

営業時間

平日10:00~18:00 

土日10:00~18:00

定休日

毎週火曜日

お問い合わせ

TEL: 03-5483-1211

FAX: 03-5483-1212

担当:090-2527-6766

 

お問合わせはこちらから

Web担当 E-mail:

st045@mail.goo.ne.jp

採用情報