プレゼンテーション(3D)

従来、建物説明は、図面かイメージパースなど「2D」的なものです。しかし「リアルなイメージ」が求められるようになりました。完成した後に後悔しないためにも、プランニングの段階で、形状や使用する材料のリアルなイメージが検証できる「3Dイメージ」が重要だと考えます。

※1つ1つのパーツをリアルな寸法で作成して配置します。


次の画像は、新宿区内の土地に4階建ビルを、どのようにプランニングするか検討したときに用いた3D画像の2D出力したイメージ画像です。図面を基に作成しました。

実寸の階高、窓寸法などミリ単位で作図していきます。家具や設備品なども原寸で作成して

ありますので、影の描写など実際と同じ範囲で、尚かつ、時間によって影の長さも変化します。

これまでのプレゼンテーションでは、平面図や設計図を見ながら「部材サンプル」などを参考に

してイメージを想像するしかなかったのですが、これからのプレゼンテーションは「3D立体化」

が主流になることと思います。