図面の正確な寸法を利用する。

プログラムを使って図面を3D化して解りやすいプレゼンテーションを行うことで、だれにで理解できるイメージ画像を見ることができます。

「mm単位」のリアルイメージ

建物の計画図をもとに3D化するときに「精度」をどこまで追求するか?というポイントがあります。より精度を正確に立体図形に反映したければ「mm」単位で3Dを作成して検証できます。

平面図は「敷地図」「建物配置図」「各階平面図」など計画の進行に合わせて作成されます。その途中で「打合せ」を行うとき、一般の不動産会社は、なぜ3D画像を利用しないのでしょうか?

それは、3Dを作成するのが大変な作業であり、お客さまからの要望を「その場で反映させる」ことが難しいからです。

「3D」が当たり前の時代に!

 

レストランからショッピング センター、戸建開発から大規模なマンション、敷地計画から全体計画まで、さまざまな用途種類、および規模のプロジェクトに「3Dイメージ」が使用可能です。

計画時点におい ても非常に解りやすく実寸法で作成できます。

 

>>> 企画や提案を具体的に細部を伝えるのにとても便利です。<<<