平面図を立体形状(3D)に!!

正確な寸法を割り当てることもできますが、時間がないときには、とりあえずの「カタチ」を3D化してみる。もちろん、図面、CAD 設計図、写真、地上イメージ、その他の情報をインポートし、構想を 3D に展開することができます。

「仮設計」段階の図面があれば、平面図、立面図をアップロードして、水平線を合わせて空間をトレースし、おおよその次元情報を入力。 

 

数値による正確なモデリングも可能ですが、「とりあえず」の場合は、感覚的な3Dモデリングを作成します。平面図1F、2F、3F、立面図があればより具体的な「カタチ」に近づきます。