平面図だけで理解できない!

不動産販売会社から提供される物件概要・平面図などの限られた資料だけで、購入を検討しなければならないという状況が現在でもまだ多いようです。

  不動産を検討されている一般の方が「物件概要・平面図」だけを見て、

      建物・空間のイメージを十分に把握されているのでしょうか?

建物資料と言いましても、設計の初期段階で、プラン提案、打ち合わせのために作成される基本的な「基本設計図」には、いわゆる間取り図である「平面図」、建物の外観を表す「立面図」などがあります。ある程度、設計の方針が決まってから、さらに詳細な設計図面として、建物全体を垂直に切断した「断面図」、建物の垂直方向の断面を詳細に表した「矩計図」、敷地の形状、道路との関係を示し、敷地内に建物をどのように配置するかを表した「配置図」、室内の立面図に相当する「展開図」などがあります。

また、給排水、給湯、ガス、電気・電話、冷暖房などの設備の、配線・配管・機器や器具類の設置位置を平面図上に示した「設備図」、施工者に工事の内容・方法を指示するためにつくられる「実施設計図」、平面図や立面図などのいわゆる「設計図」のほか、内外装などの下地・仕上げなどを記した「仕上げ表」、図面では表せない工事方法について指示する「仕様書」があります。

建築のプロの目から見れば、設計図面を見るだけで、構造、高さや壁の厚みなど完成イメージが想像できるのでしょうが、図面を見る機会が少ないエンドユーザーの方々には、このような図面だけで完成イメージを理解することは難しいのではないでしょうか?

そういった意味では、不動産販売会社から提供される「平面図」「立面図」「完成パース」などの図面の情報だけで、曖昧なイメージのままで、不安をお持ちの方も少なくはないと思います。

「こんなはずじゃなかった。イメージと違う!」「想像していた建物イメージとは違う!」などと、取り返しのつかない結果になってしまうことは避けたいものです。

「事前に、確かめてから・・・」という方のために、平面的な図面を立体的な「3D立体形状」として実際に目で見て確認していただき、立体的な形状を見ながら打合せができ、お客様に解りやすく説明することができれば、安心してご納得していただけると思います。

「平面図」「立面図」を基に、どの方向からでも見ることができる立体的な形状(3D画像)を準備して、パソコンとリンクした大型モニターを見ながら打合せを進めていくスタイルをご提案します。

立体的な形状をリアルに、確認したい角度(視線)から見ることができます。平面の図(2D)では表現できない角度や高さ、奥行を検証することが可能で、立体形状を水平、垂直方向とも360度回転して見ることができます

エンドユーザーの方だけではなく、戸建配給会社の関係者の方々にも未完成物件の場合など、完成したときの様子を事前にご覧いただけます。また、外観(エクステリア)、室内(インテリア)など、打合せの場で確認しながら形 状や材質、色の変更もできます。各種車両を駐車スペースに駐車したときの余裕などを見ることができるほか、365日の日時、時間指定によって、近隣の建物または対象の建物の落とす影の影響なども確認できます。

このように「3D立体形状」は、平面図(2D)では確認できなかった詳細がチェックできます。

図面だけでは理解できない方にとって、大型モニター画面による「3D立体形状」をご覧いただくことで、外観(エクステリア)、室内(インテリア)だけではなく道路と敷地、建物の配置、窓の位置など、陽当たりに関する配置チェックなども実際に見て体験していただけます。

これらの画像は、建物の形状をチェックするだけではなく、外装デザインの選択にも役立ちます。

上の画像は、敷地が旗状(敷地延長型)の物件です。時間帯による日照、影の範囲を検証できます。また、近隣の建物形状をモデリングしておけば、何月何日の何時何分の指定により365日の日当たりや日影の範囲を見ることができます。隣接する建物の影の影響を把握しておくことで、計画段階での各部屋の間取り、配置、窓の位置、サイズなど、図面では検証できない詳細がリアルな画像で見ることができます。

これらの3Dイメージは、A4~A3サイズの用紙にプリントアウトすることもできますし、メディアにデータを出力して、他の場所で見ていただくこともでき、データを取り出して自前のパソコンにて、検討やプランニングすることもできます。
ほかにも、内部構造、配置の決定、部分的に作成したパーツの組み合わせや、使用する予定の素材の違いなど、色目や形状のバランスなどリフォームのシミュレーションにも役に立ちます。

〒145-0071

東京都大田区田園調布2-51-4

StarHome

営業時間

平日10:00~18:00 

土日10:00~18:00

定休日

毎週火曜日

お問い合わせ

TEL: 03-5483-1211

FAX: 03-5483-1212

担当:090-2527-6766

 

お問合わせはこちらから

Web担当 E-mail:

st045@mail.goo.ne.jp

採用情報