StarHomeのお役立ち

では、どのような方法を用いて、理想や要望に近づけるかが当社の「お役立ち」なのです。個々に違いのある敷地の条件やロケーション、日当たりや風通し、近隣とのかね合いなど、これらの「敷地計画」がプランの要であることは言うまでもなく、平面的な図面(2D)だけでは理解しにくいイメージを3次元(three-dimensional)を見ながら外観デザインや間取りを打ち合わせできる環境こそが、これからの未来型プレゼンテーションなのです。

[平面図・立面図(2D)]

平面図(左図)、立面図(右図)、この他にも建築の確認申請するうえでは必要不可欠な資料ですが、専門的な関係者は建物の「イメージ」が理解できるとしても、具体的な面形状や細部まで把握できる人は限られてきます。ましてお客様であるエンドユーザーの方々には単なる平面図・立面図での打ち合わせでは、空間のイメージは[ある程度」しか理解してもらえないのではないでしょうか。
また、建物完成予想図(パース)も「イメージ」を把握するうえでは参考になりますが、建物の部分的な箇所を確認するにはあくまでも「2Dイメージ」の域を越えられないのです。

これまでは、「平面図」「立面図」「パース」ときには「模型」を用いて打ち合わせ検討していたと思います。できるだけ細部にわたり「カタチ」を検証するために図形化して詳細のイメージをチェックしていました。しかし、コンピューターや3Dソフトの発展によって今日では、あらゆるものを3Dモデル化することができ、直感的に形状を変更したり、バランスを考えた色目変更が可能になり、敷地のロケーションや建物を検証するためのツールとして無限の可能性を追求することができるようになりました。このことにより「一方方向からの静止画でイメージを見る」から「あらゆる角度から形状を確認する」ことができるのです。それも、時には内部構造を「透かし」て見ることも、方位を考慮した3Dモデルであれば「日影」の範囲、日照がある時間帯の指定により、その時間(何時何分)の影の検証が可能です。

このことが  StarHome の未来型思考であり「お役立ち」を最優先することだと考えます。

今後、不動産業界のみならず住宅関連のプレゼンテーションでは「3Dイメージ」による比較検討は、必要不可欠な時代になります。それは「平面図」等の設計資料で打ち合わせしたり、住宅供給する側である関連会社が、未完成物件を間取図や完成予想図(パース)だけで販売することが「時代遅れ」になることでしょう。
これは時代の流れであり、本来、不動産を購入する際の必須内容だからです。

StarHome の「お役立ち」とは、何ができるのか?
建物を建てようとするとき、限られた敷地に必要な空間を確保しようとすれば、多くの課題が浮上しプランナーを悩ませます。
都市計画区域内の用途地域の規制を考慮しながら、階層、斜線制限、日影・採光、構造の制限などをクリアするのは必須ですし、専門的な建築士の基本設計が明暗を分けます。また、建物の用途を考えた場合、商業施設、住宅、店舗併用なのかの違いも設計する上で多大なウエイトを占めています。

建物は「型」であり空間の組み合わせでもあります。
内部空間のつながりを工夫し、魅力的な建築物を現代的に、近未来的にアレンジするためには、立体的な「3Dモデル」をさまざまな角度から検証し、直感的なシミュレーションが必要です。

〒145-0071

東京都大田区田園調布2-51-4

StarHome

営業時間

平日10:00~18:00 

土日10:00~18:00

定休日

毎週火曜日

お問い合わせ

TEL: 03-5483-1211

FAX: 03-5483-1212

担当:090-2527-6766

 

お問合わせはこちらから

Web担当 E-mail:

st045@mail.goo.ne.jp

採用情報