食品販売(食品営業車)※トレーラー

フードカーやフードトラック、クッキングカー、ケータリングカーなどとも呼ばれ、食べ物や飲み物を移動販売する調理設備を備えた車のことをいいます。取り扱う商品は、クレープやコーヒー、ケバブ、丼物にお好み焼きまで、バリエーション豊富で、最近では、食フェスや商業施設の路面スペース、オフィス街でのお弁当販売など、出店場所も増え、おしゃれでインスタ映えがする食品営業車の市場は拡大しています。

アメリカでは昔から「フードトラック」として親しまれ、出店場所は事前にウェブサイトなどで告知し、現在地はSNSで配信されるため、どこで何が販売されているのかわかるようになっているようです。
日本では「キッチンカー」の名称で知られつつあり、今後はさらに需要の拡大が予想されます。アウトドアブームやライフスタイルの変化・家族交流の変化などが要因となっているようです。「キッチンカー」の魅力とは?

開業・経営ノウハウを学び、車内見学、試食もできるというセミナーは

今や大人気です。

「キャンピングトレーラーを改造したキッチンカーの申請図面(本体)」

 

                                     ▽ 参考キッチンカー ▽

 

「開業には興味はあるけど、課題が多くて大変そう!」

▢ 開業後に安定した利益を出せるだろうか?
▢   どんな場所に出店したら良いのだろう?
▢   販売するメニューは?何を提供したら良いのだろう。
▢   開業資金はいくら用意したらよいのだろうか?
▢   ローンやリースって、どういう内容なのだろう?


開業に向けて知っておくべき5つのこと

※実際にやるべき順番は違いますので、記述の内容を参考にしてください。

 

1.  営業(販売)する場所

 

街中や商業施設など、フードカーが出店可能なスペースを紹介する予定です。優良な出店スペースは掲載しません。個別の面接等ノウハウを含めたサービス開始に先立ち、利用したい方の事前登録を募集します。メールアドレスと簡単なアンケートにご回答いただいた方には、今後、出店スペースの条件状況および、出店スペースについての情報をメール等でお届けいたします。多くの皆さまのご登録をお待ちしております!

 

2.  提供するメニュー

 

この「提供するメニュー」こそがビジネスとして「成功するか」「失敗するか」否かです。仮に夫婦で同時に2カ所で同品目の食品を売った場合、どちらが売り上げが上がるのか?と聞かれてもお答えできないと思います。しかし、人気のある「食材」は存在ます。開業するなら「いっぱい売れるモノ!」が目標となるでしょう

3.  車両の選択 

 

提供する食品が単品目なら「軽自動車」でもよいのですが、提供多品目の場合は、多種多様になります。ご存じかもしれませんが「売れる」ための見た目の条件があります。センスが良くて美味しそうなイメージが備わっていないと販売に苦労することになります。

4.  営業許可(保健所など)

 

車両の設備、配置を保健所に相談しながらの申請が良いでしょう。改造した申請車両は、営業をはじめても問題ないかを職員にチェックしてもらいますので、不備がある場合は「再改造」となり大問題です。なので、改造する前に「申請予定内容」を事前に打ち合わせしてから改造を行います。現車がOKになれば「営業許可証」が発行され営業をはじめることができます。

5.  開業資金(ローンやリース)

 

「いつオープンするのか」「どこで、何を売るのか」など、具体的な事業計画を立てます。開業資金の調達については「創業補助金」など支援融資を優先的に利用することです。融資の審査に通ることで、実際に計画がはじまりますが、計画の進行状況と実際の資金の動きを調整する必要があります。開業までのプロセスには予定外のこともありますので要注意です。


コンテナ改造店舗 ※12ft~40ft-High

主に中古コンテナを取扱いしておりますが新品コンテナや特殊コンテナなどもお問い合わせいただければお見積り致します。

【問】お気軽にお問い合わせください。 問合せフォーム

▽ コンテナを加工した参考店舗(国内外) ▽