平面図を立体形状(3D)に!!

正確な寸法を割り当てることもできますが、時間がないときには、とりあえずの「カタチ」を3D化してみる!もちろん、図面、CAD 設計図、写真、地上イメージ、その他の情報をインポートし、構想を 3D に展開することもできますが、「仮設計」や「ラフプラン」の時点では図面があれば、平面図、立面図をアップロードして、空間をおおよその次元情報を入力で視覚的なイメージは表現できます。

 

数値による正確なモデリングも可能ですが、「とりあえず」の場合は、感覚的な3Dモデリングを作成します。平面図1F、2F、3F、立面図があればより具体的な「カタチ」に近づきます。※上のイメージは現在販売中の「田園調布4丁目売土地物件」の参考作成建物です。

この物件は「宝来公園」と「多摩川台公園」の中間に位置します。平坦な土地も良いのですが、この物件の良いところは「日当たり良く、風通しの良い住宅」が建てられる好条件です。