【 小規模スペースの食品営業 】

【 小規模スペースを食品営業店舗として利用 】


トランクルームとしてコンテナを利用したシステムは既に数多くあります。駐車場に再分割したスペースにコンテナを並べて、無人のトランクルームを「月極契約」で貸し出すというものです。もとは運搬用のコンテナですから、色やデザイン性は普通のコンテナを一部加工しています。販売店舗として外装デザインの加工や利用業種に合わせた内装・外装オプションを施したコンテナを、駐車場の道路面の一部に設置して、コンテナ店舗の運営や飲食を提供しているお店もあります。

「3坪程度の賃貸店舗はありませんか?」
と多くの食品営業(特にランチ系)の方の声を聞きます。(当社グループ不動産担当者)

そこで考えました!


◆ 弁当屋(キッチンカー)は儲かるの?
◆ 1日に何食販売すれば利益が出るの?
◆ 企業への宅配で売り上げが倍増なの?
◆ 「フランチャイズ」か「個人経営」どちらを選ぶ?
◆ どこで(場所)商売したら儲かるの!

◆ 弁当屋(キッチンカー)は儲かるの?

ビジネスをはじめるにあたってもっとも大事なのは「儲かるのか?」という疑問です。どれだけ興味のあることであっても、きちんと利益を出すことができなければ経営としては成り立ちません。その点では「弁当屋はきちんと経営すれば儲かりやすい」商売だと言えるようです。弁当屋は、利益を出しやすい理由がいくつかあるようです。


【ポイントー1】
大きなポイントとしては「低コストで運営が可能」だということが挙げられます。居酒屋やカフェなど、さまざまな飲食関連のビジネスのなかでも、弁当屋は最初にかかる設備投資が少なくて済む場合が多く、個人でも新たに参入しやすい業界として注目されています。

 

【ポイントー2】

弁当屋は多くの場合が「テイクアウト専門店」です。なかには、小さな空きスペースでイートインコーナーを設けているお店もありますが、弁当屋に最低限の設備として必要なのは、調理場と販売スペースのみとなります。そのため、ほかの飲食の業態とは違います。最小限のスペースだけで営業することができるのです。

【ポイントー3】

店舗型の飲食業の場合、家賃は月の固定費の大部分を占めるでしょう。順調に顧客をつかみ、経営を軌道に乗せるまでは、家賃という削減できない経費の重さで苦しむことも少なくありません。店舗の省スペース化でその家賃が抑えられれば、利益を出すのも楽になります。

【ポイント‐4】

また、家賃が抑えられるということは、月々のランニングコストが抑えられるだけでなく、開業当初に準備する資金も少なくて済みます。通常、店舗を借りる場合は、家賃の数カ月分を保証金として用意しなければなりません。家賃が高ければ高いほど、比例して最初に用意すべき保証金の額も高額になってしまいます。

店舗取得費や家賃だけでなく、居酒屋やカフェなど、お客さんが店内で過ごすタイプの業態であれば、飲食スペースとなる空間を用意する必要があり、内装にもそれなりにお金をかけなければいけません。その点、弁当屋の場合は店構えと販売スペースのわずかな部分だけ清潔に整えておけば営業が可能になります。

このように、初期投資の費用が少なければ少ないほど、かかった費用の回収もスムーズです。徐々に地元の固定客が増えていけば、着実に利益が上がる仕組みができるのが、弁当屋のビジネスモデルなのです。


◆ 1日に何食販売すれば利益が出るの?

どのくらいの売上が見込めるかは地域によって差があり、オフィス街に出店するのか、住宅街に出店するのかという事情によっても大きく異なります。どのエリアに出店するとしても、安定した利益を上げ続けていくには、地域の固定客を掴んでいくことが非常に重要だと言えるでしょう。

基本的には、店舗の賃料や材料費などの原価も考慮して、月の売上目標を決めます。
無難な目安として、街で出店する場合、月に140万円程度を目標として設定した場合

            土  「月曜から土曜日までの週6日営業」 (日曜日は休み!)

営業日はおおむね25日間で ⇒ 月間の売上目標から逆算すると、1日の売上目標は約56,000円となります。
客単価が@700円だとすると ⇦ だいたい80食を販売するという計算になります。
※もちろん、平日と週末の売上平均は変わってくる場合が多く、細かな調整は必要です。

また、目玉となる「お得な弁当」から少し単価が高めで「グレードアップした弁当」まで、メニューの幅を広げることで単価を上げるというのも戦略のひとつだと思います。@単価が上がれば、販売数が減っても、一定の売上を確保することができます。ただし、単価が上がっても、その分原価が上がりすぎてしまったり、調理にかかる時間がかかりすぎてしまったりしては、いくら売上が上がっても利益としては減ってしまうということです。

逆に、原価が多少高くなっても、材料にこだわって成功するお店もあります。

たとえば「無添加野菜にこだわったお弁当」「ブランド牛を使ったお弁当」など、高くても良いものを食べたいというニーズもあるようです。販売価格を決めるには、原価や仕込みにかかる時間、調理のための人件費なども考えながら、それぞれのお店にとって最適な展開を考えていくことがポイントだと言えるでしょう。


◆ 企業への宅配で売り上げ倍増?

「1日100食の弁当を販売する」とした場合、店頭で買うお客さん一人ひとりに販売するだけでなく、他への販路も考えておくとよいでしょう。弁当屋は、比較的安く開業できることから、新規店も参入しやすい状況にあります。つまり、同じエリアで同じ価格帯の弁当屋ができたとしても、変わらない売上を確保し続けなければいけないという課題もあるのです。

その解決策として効果的なのが「宅配サービス」です。近隣の企業など、オフィスへの宅配で販売できる大口の顧客が確保できれば、売上はずいぶん安定するでしょう。オフィス街のランチ営業は競合となる飲食店も多く、待っているだけでは既存の顧客がよそに流れてしまう可能性もあります。

一方で、オフィスへ直接届けることができれば既存顧客の取りこぼしもなく、今まで知られていなかった層にもアプローチすることもできて一石二鳥です。新たなファンも獲得することができるでしょう。利用するお客さんからすれば、混雑するお昼時のランチタイムに外出する必要がなくなるため「宅配弁当」は大変便利なサービスです。

企業によっては「月曜はA店、火曜はB店」といったように、曜日ごとに異なる弁当屋に定期的な宅配を頼んでいるところもあります。大手チェーン系の弁当はもちろんですが、個人の弁当屋にも比較的チャンスが開かれていると言えるでしょう。

通常の店舗での販売と並行して、近隣の企業にチラシを配布するなどの営業活動もしながら、こうした宅配での販売先を確保しておくことが安定した売上を維持するための秘訣です。日替わり弁当メニューなど、飽きさせないための工夫も必要です。

ただし、宅配をするということは、それだけ人件費もかかるということを忘れてはいけません。その人件費に見合ったまとまった売上を確保できなければ「宅配事業に参入」するメリットはありませんので、費用対効果を見て検討しましょう。個人宅への宅配は、オフィスへの宅配と比較すると@単価が上がりにくいのが課題のようです。


◆ 「フランチャイズ」か「個人経営」どちらを選ぶ?

開業の方法として、ゼロから個人で立ち上げる方法のほか、フランチャイズに加盟する方法もあり、迷うところでしょう。

フランチャイズ(FC)の場合は、基本的に同一メニューを提供する場合が多く、きちんと原価計算がなされ、地域のニーズにマッチした利益の出るメニュー構成がすでに用意されているのは、非常に大きなポイントです。また、仕入れに関しても、本部を介したルートで準備できます。


個人店の場合は、「どのようなメニューを出したいか」「いくらで売れば利益が出るのか」といったことをゼロから考えていかなければなりません。その自由さが楽しいところでもありますが、成否を分けるむずかしいところでもあります。

「仕入れ先をどう確保するか」という点も大変なところです。市況に合わせて、仕入れルートやメニューの変更など、個人経営特有の経営判断が必要になります。

このような点から、廃業のリスクを考えると、利益を出し続けやすいのはフランチャイズだと言えます。

成功に向けてのノウハウをきちんと教えてもらい、持続的な経営を可能にするサポートをしてもらえることこそが、フランチャイズの一番のメリットだと言えるでしょう。

ただし、企業にとって大切な情報であるノウハウを得るのは、無料というわけにはいきません。経営サポートを受ける代わりに、本部にロイヤリティを支払う必要があるのです。店舗運営をスタートから軌道に乗るようサポートしてもらうわけなので、当然と言えば当然ですが、最大限売上を確保したいと思う人には迷うところかもしれません。

研修やアドバイスなども受けられるため、初心者の人にとってはありがたい環境です。ロイヤリティを払いながら安定した売上を目指すか、自力ですべてにチャレンジしていくかをよく考えて判断しましょう。

個人経営で開業しようと思う場合は、こうしたフランチャイズ展開をしている大手チェーンの弁当屋がライバルになります。
そのため、個人店ならではのオリジナリティを活かし、目玉商品の開発にも注力していく必要があります。
大手ではなかなか手が回りにくいことなどにも積極的にチャレンジしやすいのは、小回りのきく個人経営のメリットです。


◆ どこで(場所)商売したら儲かるの!

開業にあたって、具体的に必要な資金と利益の計算は、出店方法によって異なります。
どのようなお店を出すかによって、細かな戦略を考えていかなければいけません。考えるポイントは、まず「どこに出すか」という点です。「オフィス街」か「住宅街」か「駅近」といったエリア特性や、客層をよく調べる必要があります。

それぞれの客層に合わせて、単価やメニュー、宅配サービスの導入などを検討しながら、利益が出るラインを計算していきましょう。売上見込みと必要経費のバランスをよく検討することが、成功のポイントだと言えます。

また「大手チェーンのフランチャイズか個人店か」という選択も重要です。経営の自由度はそれほど重視しておらず、何よりも安定した経営で利益を出していきたいと思う人は、大手のフランチャイズの傘下で始めるのがおすすめです。

どのチェーンでどんな制度があるのかも異なるため、いくつかのフランチャイズの加盟特典を調べて、自分に合ったところを選ぶとよいでしょう。一方、決まったルールに縛られるのではなく、出したいメニューなどが明確にある場合、個人店としての開業を目指すことになります。

個人経営で出店することを決めた場合、軸となるメニューを決め、利益計算をしなければなりません。スタッフの採用や教育、宣伝などの方法も並行して進め、費用を算出する必要があります。それぞれの出店に合わせた戦略を練ることで、最大限の利益を出せるようになるでしょう。